樹を見に行く
 春から庭を作るお宅があるので、そちらに植える木を見に行った。雑木林風にしたい・ヤマモミジが好きというお客様のための樹選びだ。お世話になっている植木屋さんと畑を回った。
 樹を育てている地域は、車で回るだけでも楽しい。背の低い、か細い幹の木が規則的にずっと並んでいる。コビトの森に迷い込んだみたいな気持ちになる。今は葉が落ちている時期なので、幹の線がきれい。フリーハンドで書いた線のようにまっすぐでないのもいい。
 株立の樹は1本でも奥行きがでる。余裕があるとつい植えたくなってしまうのだが、主役が引き立つように他の樹は最小限にする。 
 今回の主役候補は、ヤマモミジ・ソロ・ジューンベリー・アオダモ。家が洋風・庭の素材がやや和風なので、低木に洋ものを持ってきてバランスをとりたい。
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2006-02-11 10:01 | TOP▲
<< 古家と格闘の日々 少し古いもの >>



スバコのある庭 摘み草の庭を提唱。 くらしの一部として庭を考えます
by ingreen-m2
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31