スバコ展と新しい庭のプラン
スバコ展
昨日は在廊日でしたから
一日ずっとギャラリーにいました。

不思議なことに
同じ時間に来る方は
なにかしらご縁がある方みたいです。
たとえばギャラリーのファミリーのような方たちが一人来ると
そのあと約束したように3,4人集まってきたりします。

昨日は日陶連関係の方がおひとりいらっしゃったら
そのあと3人ばかり
ととっと来てくださって
気がつけば
まるで東区マルシェを開催しているデッキで話しているような感じになったりしました。
なんでしょうね、この流れ。


ギャラリーは
定点観測しているような気持ちになります。
ヒトや話の流れの変化がおもしろい。
人が集まったり、しんとしたり
ずっと話し込んでいかれたり、すっと去って行ったり。

出展者さんのお知り合いが来られることも多くて
それぞれにファンがいて、すてきなことだなあと思います。

ギャラリーは窓がなくて真っ白なので
今何時なのか
全く分からなくてそれもまたいとをかし。です。
普段は風と光の中にいるので
お天気に気持ちが左右されることもありますが
ここはいつも同じ状態。
そんなところって奇跡のようです。
奇跡 を行くたびに味わっています。



そして


庭のシゴトもしていますよ!
今年はありがたいことに
庭のプランを考える機会を
いただいています。

今まさに進んでいる岩倉市のエクステリアに引き続き
取り組み中の北名古屋市の庭つくりと
3月予定の緑区のにわつくり。
そして5月ごろの小牧市の庭が決まりました。
一緒に庭づくりのところもあって
(それはひと月に一回のペースで季節ごとのお手入れをしながらだんだん変えていく庭です。)
加えて今は、6月ごろ予定の外構のプランをひとつ考えているところです。

どれも一つとして同じ環境のものはなくて
条件もそれぞれで
家族構成もお好みもそれぞれです。
多くの人に大部屋に集まってもらって一度に提供する「講座」型より
一人一人のことを深く考える「個別」型のほうが
わたしにあっているので
こういった一家族のためだけの提案はわくわくします。
机に向かって絵を描いている以外でも
歩いていても家事をしていても
ふとその家のことを考えてしまいます。
そうやって手の中であたためて
提案まで持っていきます。

たとえばスバコ展などは、庭の提案とは関係ないもののように思えますが
その過程で気がついたことや、感じたことなどは
意外とその時の庭のプランのどこかに
違う形で反映されれていて
なにかしら経験することは、よい提案につながっていくような気がしています。

さて明日は庭のプランのご提案があります。
ほとんどは決まってきましたが
あと一エッセンス、なにか入れられないかなと
もう少し考えているところです。
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2016-02-12 13:22 | work | TOP▲
<< 何も予定を入れない日 スバコのある庭展 >>



スバコのある庭 摘み草の庭を提唱。 くらしの一部として庭を考えます
by ingreen-m2
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
● ingreen 公式サイト ●
カテゴリ
全体
ingreenセミナー
work
「わが家を天国に」
家のこと
記録
庭のこと
プロフィール
そのほか
ありがとう
日陶連
スバコ
散歩
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...
お気に入りブログ
番長の部屋
宮崎の花屋 アナーセン
犬走りのある小庭
ママグラファーJUNKO...
daisy&bee の ...
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧