力をくれる人たち
2013年に
つながるマルシェ -みどりと手しごと-

というマルシェを当時rigolocafeをしていたメグさんと始めました。

ingreenを立ち上げて
庭と植物しごとをして10年以上たったときでした。

起業するのは大変なこともあるけど
とても私に合っていて
幸せだなあと思っていました。

マルシェは好きを小商いとして発信するのには
なかなかいい場所で
マルシェを開いたら喜ぶ人たちがいるかな
そんな人たちのお手伝いをしたいな
という気持ちで始めました。

イベントはたくさんの方が集まってくださって
そのあとも季節に1回行いました。

一人ではなくて二人でことを行う楽しさも知りました。

庭のしごとをしながら
鷲見先生とingreenのアトリエで薬草講座をしたり
マルシェから発展した起業講座をしたり
スバコ展をしたり
そしてそんな姿を目にして応援してくれていた
節子さん(BO STYLE/緑区)に声をかけていただいて
日陶連マルシェを企画運営させてもらいました。

特に日陶連マルシェは
節子さんたちの応援をいただきながら
出展者さんへの声かけや立ち上げなど
初めは一人で行ったので
今思うと、本当によくやったと思います。
そしてそれはつながるマルシェ以降だんだん仲よくなっていったり
ご縁をいただいてきた方たちがあったからこそでした。

そのあとスタッフさんや節子さんのまわりの東区の人たちも力を貸してくれて
日陶連マルシェの知名度も少しずつ上がっていって
ありがたいことだなあと思っています。

前を向いて歩いている人たちの
何か力になれたらと思っていた一連の活動ですが
気がついたら、その方たちが私を応援してくれていました。

どうしたらいいかな、という私のつぶやきを拾って
提案してくれたり、動いてくれたりする人たちに囲まれていました。
なんだかもうびっくりしてうれしくて
幸せなことだなあと思いました。

そうかそうか
何かあったり迷ったら、素直に言葉に出せばいいんだな。
年の上の人も年の下の人も
それぞれに思ってくれていて
それは、何ものにもかえがたい
この世界で一番なことなのでは。
頭に思い浮かぶ人たちを思って
じんわり心が温かくなる2月の朝でした。

そんなことを思った朝でしたので
覚書として書き留めておこうと思いました。
[PR]
by ingreen 松田りさ | # by ingreen-m2 | 2016-02-07 08:01 | ありがとう | Comments(0) | TOP▲
明日2月4日(-14日) スバコのある庭展 vol.3始まります!
[スバコのある庭展 vol.3 始まります!]

3年目となったスバコ展
いよいよ明日2月4日木曜日からはじまります。

作家さんたちの作品も
それぞれ素敵です。
そして空間もとっても気持ちいいですよ。

そこにずっといたくなります。

明日4日の初日は
私も1日ギャラリーにいます。
スバコたちとお出迎えします。

そして
開催する側の気持ちとして
出展者ご覧くださるかた
双方が気持ちよくありたいと思っています。

作品はそのときの新鮮な気持ちと共に
心の中にとどめていただき
撮影はお控えくださいね。
恐れ入りますが
よろしくお願いいたします。




今週は4日から7日まで
12時-18時


**私は4日7日 11日14日と
  木曜日日曜日に在廊しています。

せっかく一日いるので
もし時間があったら何か絵を描いていようかな。
その時思ったことや気持ちを絵にできたら
それはとても貴重な体験になりそうです。


GalleryWhiteCube

名古屋市中区丸ノ内2-15-28
ビッグベン丸ノ内4F

地下鉄丸ノ内駅2番または3番出口より徒歩1分
[PR]
by ingreen 松田りさ | # by ingreen-m2 | 2016-02-03 13:54 | スバコ | Comments(0) | TOP▲
冬鳥を見る楽しみ
雪の日の朝
庭を出てちょっと近くまで用事があったので歩き始めたら
頭の上の方で
小さな それはそれは遠慮がちな鳥の声がしました。

あのつんざくようなヒヨドリでなく
シジュウカラのような時々遊びに来る小鳥ではなく
ほんとうに
それじゃあ仲間にだって聞こえないかもよ というような小さな声でした。

上を見ると枝と枝の間に鳥の影
よく見ると 2羽?
あ、これは
と、もっとよく目を凝らしてみると
目の周りが白い。
色はオークルの入ったグリーン。

メジロでした。

2年前は侘助椿の蜜を吸っているところをしばし見かけたのですが
昨年は見あたらず。
さみしく思っていたのですが
今年はイボタノキの黒い実が今のところのごちそうなのか
実をついばみに来ています。

次の日も同じ木の枝に2羽。
そっと窓越しにのぞいていたのですが
敏感な一羽はすぐに飛び去って一つ屋根の向こうに。
もう一羽はごはんを食べることに夢中で
1mも離れていない枝につかまって
その様子をとくと見せてくれました。

冬は鳥がよく目に入る季節です。
ちょうどお伺いした名古屋市緑区の小さな雑木林でも
違う種類の鳥たちがなかよく群れてかたまりをつくっていました。

シゴトの行き帰りに少し時間ができそうなとき
寄り道して林や公園に行って見たくなりました。
[PR]
by ingreen 松田りさ | # by ingreen-m2 | 2016-01-25 11:55 | スバコ | Comments(0) | TOP▲
工事と提案と
雪があっという間になくなりましたね!
あれは幻だったのでしょうか。

いつもは1月は少しのんびりモードなのですが
今年は年初めからたくさんのコトをこなしています。

岩倉市で始まった外構工事。
最後は一緒に植栽まで、との思いで
門柱やカーポート、ブロックの位置や高さも一緒に考えてここまできました。

雪のおかげで小休止ですが
大まかな形ができてきて
思うような感じになってきて
半分ほっとしています。
まだ工事が続きますから
最後までお施主さまとよりそっていきますよ!

工事には何人かの職人さんが入ってくださっていますが
どの工程も興味深い。

たとえばブロックを積むときのモルタル(セメントと砂を混ぜたもの)の量や水平のとり方など
無駄がなくて正確で、見惚れてしまいます。

一見同じようなことの繰り返しと思えるけれど
繰り返しの中で見えてくるものがあって
それが熟練した技術になるのですね。
繰り返すことはすばらしいなあと思います。

もう一つ動いていた名東区のウッドフェンス(とても面積があるの)の塗装工事も
つつがなく終わりました。
木部は早めに再塗装するとその後の持ちが全く違うよと
そんなお話も聞きながら、これまた素晴らしい手さばきに見とれてしまいました。
職人さん、すごい!!



工事が進む一方で
新しい庭や外構工事の提案もいくつかしています。

お施主さまのお好みや要望
くらしかたや日常の手入れ時間などをおききして
実際の空間をどのようにアレンジしていくかは
まさに一期一会。

どの庭も一つとして同じものはなく
提案は自分への課題でもあります。

今週は新しい一つのリフォームのお庭のご提案があります。
そして一度提案した内容をもう一度吟味しての再提案が待っています。



あるとき、どうやって植栽を決めていくかの工程を
庭主さんにレクチャーしました。
そうしたら

りささん、すごーく頭を使っているんですね!

とびっくりされました。


たぶんお庭を作る方ならみなさん普通にしていることだと思いますが
言葉にしてみると確かに頭を使っているかも。

たくさんの要素を拾い出して
その中から予算やお好みや植物のくせを考えて
最終的にいくつかの植物とその植え位置を提案するというのは
たくさんの工程を経ているのですから。

提案も同じで
一つの形を提案するのに
とてもたくさんの工程を経ています。
提案されたものの裏には
選ばなかった要素が山とあるのです。


一つの提案といえどもとても真剣です。
これから提案するものが
お役にたてるのなら
こんなうれしいことはありません。
[PR]
by ingreen 松田りさ | # by ingreen-m2 | 2016-01-21 16:45 | work | Comments(0) | TOP▲
文章を書きうつすということ
気になった言葉や美しいと思った言葉を書き残すようにしています。
たとえば読んだ本の一節や
歌の歌詞の一部など。

今までも感銘を受けた言葉はありましたが
書き写すことがありませんでした。
その時にああ、と思って
心に感じ入ったり
本当にその通りとうなずいたりしていても
その後はさらさらと手から砂がこぼれるように
どこかに行ってしまっていました。

大江健三郎さんがエッセイで
言葉を書き残しているノートが何十冊とある
というような内容を書いていらして
記録をして残すと、それがタカラモノになるのだと知りました。

今まで読んだ素敵な文章が手の中にないことをとても残念に思いながらも
それでも今からでも充分間に合うと思って
書くようにしました。

ノートに書き写すことはもちろんですが
少し厚めのしっかりしたケント紙などに書いた文章を
部屋のどこかに置いたりもしています。
そうすると家族が時々目を通してくれて
あれは誰の言葉?とか
あ、文章が変わったね とか
あの歌本当にいい歌詞だね などど感想を言ってくれるので
日々の小さな楽しみになっています。





意志をもって選ばれた言葉は
美しくて深いなと思います。
そして簡潔で鋭い。
知らない世界の扉を開いてくれます。
自分はどうなのか問われます。



2年ほど前

絵と文章で仕事をする

と宣言してから
それを目標に自分なりにコツコツ続けていますが
先達の素晴らしい文章を知るたびに
畏れ多いことを言ってしまったとドキドキしています。

けれど昨日より今日がよかったと思えれば
いつかは私にふさわしい場所に行けるような気がします。
文章を書きうつしながら
自ら書くことのむずかしさと
まだまだ前に進めることの喜びを感じています。
[PR]
by ingreen 松田りさ | # by ingreen-m2 | 2016-01-14 20:00 | そのほか | Comments(0) | TOP▲



スバコのある庭 摘み草の庭を提唱。 くらしの一部として庭を考えます
by ingreen-m2
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
● ingreen 公式サイト ●
カテゴリ
全体
ingreenセミナー
work
「わが家を天国に」
家のこと
記録
庭のこと
プロフィール
そのほか
ありがとう
日陶連
スバコ
散歩
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...
お気に入りブログ
番長の部屋
宮崎の花屋 アナーセン
犬走りのある小庭
ママグラファーJUNKO...
daisy&bee の ...
最新のコメント
初めまして。 コメント..
by ingreen-m2 at 07:09
芝風さん コメントあり..
by ingreen-m2 at 17:26
夏休みといっても、いろい..
by 芝風 at 14:52
芝風さん、ありがとうござ..
by ingreen-m2 at 19:09
作家のみなさんの人柄が伝..
by 芝風 at 23:24
本日はありがとうございま..
by ingreen-m2 at 22:03
こんにちは!蔓かご工房孝..
by 十日家 at 12:11
十日家さん、承りました。..
by ingreen-m2 at 19:50
daisy-and-be..
by ingreen-m2 at 20:02
こんばんは^^頑張ってい..
by daisy-and-bee at 23:29
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧