「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:記録( 4 )
by ingreen 松田りさ | | TOP▲
ブログのお引越しを考えています。
昨年の最後に
2016年にしたいことを100
書いてみました。

100!


そんなにしたいことあるのかな。
半信半疑で始めてみました。

80まではサクサク書けたのですが
最後の20は、半分無理矢理でした。
でも書き出してよかった。

100書き出した時
10年後に何をしていたいのか
何をしていないのか気がついてしまいました。

それからの私は、その2日前までは全く思ってもみないような決めごとをしました。
そして決めたことで自分の中に大きな余白ができました。
今年の私はいったいどんなふうに動いたり決めたりするのでしょう。
自分でもわからなくて
それがちょっと楽しい気分です。
(あ、もちろん庭の仕事は私の核ですから、続けますよ。
そしてもっと力を入れていくと思います。)

とりあえずブログを新しくすることにしました。
ずっと今までの時間が積み重なっていて
今とはそぐわないカテゴリーがあったり
もっとエネルギーを入れていきたいところがあるので
書きにくいなあと思っていたのです。
気がついたら10年も書き続けていました。
カテゴリーがそぐわないのは当然ですよね。

ブログお引越しは
思うような10年後に行くための
はじめの一歩です。

こうやって宣言してしまえば
追い込まれてやれる気がしてきた笑

こちらを書き込みつつ
その準備をしようと思います。
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2016-02-20 14:46 | 記録 | Comments(0) | TOP▲
仙台にイグネを訪ねる その3
イグネレポート とうとう最終回です。
長いのによんでくださったみなさま
本当にありがとうございます。

ここが私の一番言いたかったところです。
ぜひお読みくださいませ。
















木の切り方について、とても興味深い決まりごとがありました。
それは「空(あき)のかた」の木は切っていいよ、ということ。
空のかたと呼ばれる方角は、毎年変わります。
今年は北東
次は南 という感じでしょうか。
その年の「空のかた」にあたる木だけは切っていいよというのです。

ある時相原さんがほかのイグネの持ち主に
訳あってもう木を全部切りたいから、と頼まれました。
でも一度に全部切らなかった。
その年の空のかたの木を順番に切っていかれた。
そして4年かけて全部倒したのだそうです。

空のかたとは神様の通る方角でもあるのだとか。
神様の通るところだけ切ってもいい というその決まりごとなのです。
先人の信仰心とイグネを守る知恵を感じました。



木は、他にもたくさん植わっていましたよ。
アジサイ各種
金魚のような葉の椿
クロガネモチなどなど 
椿やクロガネモチはなんと稲沢から取り寄せたのですって。
稲沢といえば、ingreenもよくいく植木の産地。
ご縁ですねー

f0043764_20102683.jpg

















相原さんご夫妻といっしょに。
お二人に囲まれてドキドキ。
でもうれしかったです。



これは玄関前でパチリ
。足元の石が前に紹介した、
ご自身で切って磨いた板石の貼り すごい!


お話を聞いたのは2時間余りですが
2時間があっという間で
でも2時間しか聞いていなかったのかしらと思うくらい濃密な時間でした。



「庭は、おてんとさんのやすむところだからなあ
 手をかけないとなあ。」

そうかあ、おてんとさまのやすむところなんだ。
へええ。
心から納得です。
だから私もこんなに庭が好きなのかなー。
そうか、おてんとさまのやすむところなんですね。



相原さんのお話を聞いていると
不思議なことに私は相原さんのその背後に
たくさんの人の連なりがあるように思えてきました。
私の前でお話してくださっている相原さんには
多くのご先祖様やその地を守ってきた方々がいらして
そのご先祖様や守ってきた方々の意志というか思いというか
そういったものが相原さんに流れていて
そしてそれはまた次の代の方に連なっていく。

相原さんはもちろんそこに個人としていらっしゃるのですが
個人とはまた違った大きなときの流れの中を生きていらっしゃるような
そんな感覚でした。
(あくまでも個人的な感想です。)
相原さんと奥様の中のよさも
とてもほほえましくて
いいなあ、私もこんなふうになりたいなあと
思いました^^




市役所の鈴木さん、菅原さんや杉野目さんからお聞きしたところ
イグネは急速に減少しているとのことです。

イグネのおかげで津波の被害が軽減したところもあるという見識もあり
そして文化継承の点でも価値のあるものではあるものの
個人所有であるということ
相続の問題
生活様式の変化
3.11の津波や宅地建物被害
土地の開発
その他もろもろ。
イグネを取り巻く事情は深刻です。

そういった中でイグネが存在している
存在しているだけで、それだけで私は尊敬の念を覚えずにはいられません。
そして仙台市ではこのたび相原さんのイグネを保存樹林として指定する動きをされています。
市ができることでイグネを何とか保存したいという思いの表れと認識しました。


私は仙台からたくさんの心のギフトをいただきました。
こんなによくしていただいて
どうやったらお返しできるかなと考えました。

微力ながら、それは発信することと思います。
そして細くても長くかかわっていくこと。
イグネから学んだことを、私が関わっていく庭で還元すること。
まずはそこからです。


今回お話を聞かせてくださった相原さんそして奥様。
お骨折りいただいた仙台市役所仙台市百年の杜推進課の菅原さん
一連の動きを認めてくださった鈴木さん
専門的な立場からお話しいただいた杉野目さん
そのほかのみなさま
このたびは本当にありがとうございました。

これがお付き合いの始まりになったら
こんなうれしいことはありません。

これからもどうぞよろしくお願いいたしますね♪



ingreen 松田りさ
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2012-09-20 20:15 | 記録 | Comments(0) | TOP▲
仙台にイグネを訪ねる その2
みなさま、こんにちは。ingreen松田りさです。
続いてイグネリポート第2弾です!

今回は屋敷を東南の角からぐるっと時計回りにまわって
イグネを紹介します。
どんなものが植えられているか
興味を持ってみていただけると嬉しいです。

では、始まり始まり♪


ーーーーーーーーー

今、家を東から見ていますが
この奥に森のような屋敷林が広がります。


f0043764_17164751.jpg
























家の東側です。
写真奥は作業と保存のための小屋。
中央少し右の木はナンテン。
ナンテンから奥に続く植え込みはドウダンツツジ
ここは昔、ドウダンツツジの下には水脈が走っていたそうです。
今は水脈が変わってここの下は水流れていないのですが
人が踏まないように、大切にするために植え込みをしたのですって。
なるほど。



f0043764_17183419.jpg
























あっ、この方が相原さんです。
優しそうでしょ♪

今から家の西と北側に入っていきます。
仙台平野の風は北西から強く吹くので
イグネの中でも厚みのある植え込みは家の西と北です。
防風林の役割をしています。
屋根が茅葺だったころは
風対策は今よりとても大切だからです。
東にも前は杉がずっと高いまま植わっていたのですが
戦時中、軍から献木を求められ、断腸の思いで切り倒したそうです。

ちなみに植え込みには杉・ヒノキ・カヤなどが多い。
それは、家を建て替えたり修繕したりするときの
材料にするためです。
生長すると、倒して生活のために使うのです。
今回も高い杉の下に2mくらいのカヤが植わっていました。
杉を倒した時に、カヤがそのころには高い木となって風を防いでくれるように
植えているそうです。
大きくなった木を倒していくのは、
材料として使うのはもちろんのこと
イグネの植栽を若返らせることにもなるんですね。

そのカヤも気に入った木から種を取ってきて
発芽させて植えているそうです。


相原さんの左の木肌が白い木は メグスリノキ
その横には
ホンサカキが何本か。
その西側は竹林と
植込みが二重になっています。






f0043764_17202733.jpg






















ここは北西の角。
たいていのイグネの北西には祠があるそうです。

ここは以前菩提樹が3本植わっていたのですって。
それがあまりに見事だったので
能面の彫師の方から「この木で能面をほりたい!!」と申し出があったそうです。
それならばと、その方の心意気に感じ入りお使いいただいたのだとか。
あとでおうちにおじゃましたときに
その菩提樹から作られた能面3つを見せていただきました。
どれもすばらしいものでした。
その一つが相原さんにそっくりの笑顔の能面でしたよ!

お庭の説明を聞いた後、家の中に入れていただきました。
そのときお茶の葉を入れる、木の茶壺を2つ見せていただきました。
それも切り倒したエンジュからつくったんだよお
それはカヤからつくってもらったんだ、とか
普通におっしゃるのですが
そういうものはお店で買うものだと思っているので
相原さんの普通は私の普通ではなくて、とても新鮮でした。
能面も茶壺も、そんなふうに作るのですねー。



f0043764_17213777.jpg
















木の下には冥加!その向こうには蕗
たべるものもそこここに植わっています。
こういうのいいですね。




f0043764_17225317.jpg



















杉の木
たかいなあ。
いわゆるお庭とは違って
森のような雰囲気なんです。

鳥の目で俯瞰してみると
広い仙台平野にぽつんぽつんと
緑の島が浮かんでいるようです。

そうそう、
木の切り方について、とても興味深い決まりごとがありました。
それはこの次に。

継が最後のレポートになります。
一番言いたいことが書いてありますから
ぜひお待ちくださいね^^
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2012-09-17 17:30 | 記録 | Comments(2) | TOP▲
仙台にイグネを訪ねる その1
9月はじめに仙台に行ってきました。
なぜ仙台かというと、イグネを見に行きたかったからです。
イグネは漢字で書くと、居久根 と書きます。
仙台あたりの屋敷林を イグネと呼ぶのだそうです。

ingreenの手がける庭は、生活とともにありたいと
ずっと思っていました。
最近ますますその気持ちが強くなってきていました。
イグネは生活とともにある屋敷林。
自然と人がどうやってかかわってきたのか、以前から気になっていました。
それが今回ご縁あって、なんとお話を聞くことができました!

ご尽力ご案内してくださったのは
仙台市役所 仙台市百年の杜推進課 鈴木さん、菅原さんと杉野目さん。
ほんとうにありがとうございます♪)

「今回ご紹介するイグネは樹種に富んでいて、
持ち主の方が丁寧に愛情をもって手を入れられていることが伝わるよい屋敷林(居久根)ですよ」と
相原啓作さんを紹介していただけたのです。



お宅に伺うと、相原さんは畑に。
にこにこで優しそう♪
どんなかただろうって、ちょっとドキドキしていましたが、
一目見て、ほっと安心しました。
奥様も明るくて気さくな感じです。
早速お話を聞きました。

相原さん宅のイグネはもう140年続いているそうです。
「ほかにも立派なイグネはたくさんあるよお。うちのはまだあたらしいんだよお。」って。
いえいえ、140年!
ご立派です。
140年。明治維新のころでしょうか。
相原さんで6代目だそうです。



f0043764_21404784.jpg














はいり口からみた、相原さん宅。
ご立派です!
手前のお庭は、ご主人と奥様とで手作りされたのですって!!
右手前の石は、お持ちの山から選んで運んだとか。
その後続く庭の説明でも
山野草を植えるときは、そこに生えていたような地形を形作り
蔵王の火山灰の土(もちろんご自分の山から運んで)を混ぜ込んだり
模様がおもしろいからと、
気に入った石を平らに切って磨いて玄関の板石貼りにしたりと
普段の私の感覚からすると
かなりスケールの大きい手作りなのです!
すばらしい!

「1代目の立てた家を100年以上直したりして住んでいたんだけどよお
6代目で立て直すことができたんだあ。」という家もそれはそれはこだわりの家なんですよ。



f0043764_21412547.jpg



















さあ、いよいよイグネらしさの現れているところをお伝えします。
でも長いレポートなので、今日はこれまで。
続きはまた^^
[PR]
by ingreen 松田りさ | by ingreen-m2 | 2012-09-15 21:44 | 記録 | Comments(0) | TOP▲



スバコのある庭 摘み草の庭を提唱。 くらしの一部として庭を考えます
by ingreen-m2
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
● ingreen 公式サイト ●
カテゴリ
全体
ingreenセミナー
work
「わが家を天国に」
家のこと
記録
庭のこと
プロフィール
そのほか
ありがとう
日陶連
スバコ
散歩
未分類
以前の記事
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...
お気に入りブログ
番長の部屋
宮崎の花屋 アナーセン
犬走りのある小庭
ママグラファーJUNKO...
daisy&bee の ...
最新のコメント
初めまして。 コメント..
by ingreen-m2 at 07:09
芝風さん コメントあり..
by ingreen-m2 at 17:26
夏休みといっても、いろい..
by 芝風 at 14:52
芝風さん、ありがとうござ..
by ingreen-m2 at 19:09
作家のみなさんの人柄が伝..
by 芝風 at 23:24
本日はありがとうございま..
by ingreen-m2 at 22:03
こんにちは!蔓かご工房孝..
by 十日家 at 12:11
十日家さん、承りました。..
by ingreen-m2 at 19:50
daisy-and-be..
by ingreen-m2 at 20:02
こんばんは^^頑張ってい..
by daisy-and-bee at 23:29
最新のトラックバック
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧